post-line

9月からすっかり秋メニューになり、さんまがでました!

年長さんは給食の先生が作ってくれた、紙をみながら真剣に骨をとる姿がみられました。

食材が調理され提供されるだけではなく、給食職員も保育の一員として直接子どもたちと関わりながら食育に取り組んでいます。

10月から保育料無償化に伴い、給食費実費徴収が始まります。上北沢こぐま保育園がある世田谷区も副食費の徴収がはじまります。今年なかなか手に入らないさんまのお値段は1匹250円です!!今までも、多摩福祉会の保育園では一人およそ7000円の副食費がかかっています。

お金をかけても、大事なだいじな保育の一部です!!

post-line