post-line

上北沢こぐま保育園では、各行事は子どもたちの健やかな精神発達に大きく貢献することができるものと考えます。1 月の緊急事態宣言下では、感染者数が増加傾向にある最中でした。また、園内での感染者もあったため、やむなく延期や中止と判断させて頂いておりました。今回、再度緊急事態宣言が延長されましたが、感染者数の著しい増加はみられなくなっており、「子どもたちの健康、安全、健やかな成長のためにできる限り実施できる方法がないか」「時期をこれ以上後ろに倒すことで子どもたちにとって不利益とならないように」と、行事の実施の仕方や外部関係者の立ち入りについての考え方を再度検討し、確認をいたしました。屋内において不特定多数の大きな集団が集まる行事に関しては確実に密を回避出来ないことから、実施をする場合には屋外で行う方向で検討することとします。対して、個人が完全に特定できる方が少人数参加しての行事に関しては、参加者の健康観察を徹底すること、密にならない環境、時間配分の設定や手洗いうがい、消毒の徹底、その他必要な衛生管理を充分に行って実施することとしました。
以上の判断の元、獅子舞(2月17日)と節分(2月25日)は更なる延期はせずに実施いたします。よろしくお願い致します。

post-line